URBAN FARMERS CLUB

URBAN FARMERS CLUB

未来を耕そう
未来を、耕そう。
CONTACT

ARTICLE

UFCみそ部 大豆の収穫と2020年みそ5種完成レポート

大豆の収穫

2020年12月クリスマス間近、リトリートセンターの畑で大豆の収穫作業を行いました。

初夏に定植作業を行い、夏に生い茂って成長したみずくぐりと秘伝の苗は、枯れて大豆の実を付けていました。枝豆をそのまま枯らすと、大豆になります。玉大黒は今回は上手に育ちませんでした。

初年度はイノシシに食べられてしまい全滅でしたが、今回は無事に収穫にたどり着けて良かった!

刈り取りはカマを使い根元の方から刈ったり、根っこごと抜いていきます。

1つの苗が両手で抱えるほど大きく、1ヶ所に運ぶのも結構な力仕事でした。

山盛りに!

苗を集めたら、今度は大豆の房をとっていく作業です。
房になっていても、中に大豆の実が入っていない場合も多々。
大豆一粒一粒が実ることは、やっぱり簡単ではなく、とても有難いものだと感じました。

みずくぐりは2021年のみそ仕込みには、この大豆も使用したいと思っています!

▼2021年 みそ部キックオフミーティング参加はこちら

UFCみそ部 2021キックオフ ミーティング(オンライン)

 

2020年仕込みのみそ5種完成

 

2020年春、桶に仕込んだUFCみそは、個性ある5種になりました。
日本各地でも木桶で仕込まれているみそは、全体の生産量の1%以下と言われ希少なのですが、UFCみそ部ではその製法を取り入れています。

木桶を使用すると、菌が住み着き、個性豊かなみそを創り出してくれるからです。

神奈川県にある糀屋川口さん、愛知県にあるみやもと糀店さんにご用意いただいた材料で仕込み、リトリートセンターで育ったみそは、どれもとても良い香りがします。

特に1年目に出来たみそを種みそとして継いだみそは、やはりとても香り高く仕上がりました。

収穫祭用に袋詰めした作業は、子ども達もお手伝いしてくれました。

「みかんみたいな香り!」「これが好き!」と、味見をした子ども達から直感で出てくる言葉には、大人もハッとさせられる気づきが沢山あります。

UFCみそ部の活動に参加して、日々の生活にみそが定番になったというご家族もいて、とても嬉しくなりました。
知らないことを知るって、楽しいです!

 

2021年へ、またUFCみそを紡いでいきたいと思います。
ご興味ある方はぜひ気軽に参加してみてくださいね!

 

UFCみそ部部長     岩木みさき

 

2020年の活動レポート一覧

大豆を育て、麹の米作りもやります。素材作り〜仕込みまですべてを体験できる「みそ部」メンバー募集開始

2020年度 UFCみそ仕込み

UFCらしいクラフトみそを求めて

UFCみそ部レポート「大豆の草取り作業」